« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/24

まるむし820号。『オセワになります!!!』

冬場に迎えるの本番前
わりと喉の調子が不安になることがあるです。
 
そんなときはこれ!!!   ハチミツ大根〜
Dscn5348
作り方はカンタン。
空き瓶などに大根を切ったのと
純粋蜂蜜を入れて一晩寝かすだけ。
注)は、かさがだいぶ増えるので
瓶の容量には余裕を持たせて。
 
先日の稽古で、ようやっと
セリフを
身体を通した言葉で
「語る」っていう
ニュアンスが感じられた。
セリフを、喋るんじゃなくて語れる。

活字では伝わりづらいけど
この感覚は、演っている側からも
観ている側からもまったく違うもの。
これが毎回の稽古でできれば
おれはもうすこし作品に貢献できる役者になれると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/21

まるむし819号。『小二郎もごっちーん』

いつも控えめな小二郎くんも
ざじおばちゃんにごっちん寝しましたー。
 
 
                      ごっちーーん               シヤワセー
Dsc_0165
 
 
                                  あ、、オナラ、しちゃった。。。
Dsc_0168_2
               シヤワセーー
 
 
さて「偽りの打ち明け話」リーディング本番まであと10日を切りました。
今回は特別で、お客さんは日本におけるマリヴォー研究家の教授センセイのみ!!!
マリヴォー研究の権威の前でマリヴォーの戯曲を上演??
きっついぞおー。日本で1番キビしいお客さんだーー。
まあ、キョーレツなダメ出しが出るのは織り込みズミ。
成長するチャンスをもらえるのは幸せなこと。

そして一般のお客さん向けのリーディングを来年1月に予定していたのだけれど、
主役の1人が同じ時期に自分の劇団の公演に出演することとなり
残念ながらお流れとなってしまいました。

まあ、いつか本公演として劇場にかけられるよう日々精進します。
面白い作品なのでぜひとも実現したいと思っていまーす!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/15

まるむし818号。『じつは大怪我』

なかよし父子
(早乙女)主水之介と(早乙女)辰之進
右チチ 左ムスコ
Dscn6755
 
 
              ゴロニャン♪♪
Dscn6751 
こうみえて、チチ 主水之介は左ウシロ足の付け根に大怪我ちゅう。
幅5センチ深さ4センチのぱっくりとしたアナが。。。ヒエーー。
ナカミ、が出てきませんように。。。。。
 
 
先日観に行った芝居で、いままでわりと不器用に演っていた役者さんが
小器用に芝居をやるようになっていた。
たぶん本人の手応えや、周りの反応は
「あー、上手くなったね」みたいにゆわれているような気がするんだけど
それは違うよ。
こなれた演技なんて見せられたって、ああ、そーですか。。。しかないよ!!
つまんないよ。あなたの芝居。

へったくそだなー、ってゆわれてたころのほうが
伝えようとがんばっている姿が見られたからマシだったよ。
芝居は難しいよ、オソロシイよ。
謙虚に向き合おうぜ。自戒を込めて、あえて言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/03

まるむし817号。『スカッ、としようぜ』

ダイスキなチューチューでオオアバレした小五郎くん
いろんなものを破壊して満足げに眠る、ネムレ〜。。
お片付けはオレがやっとくよ。
Dsc_0034
 
 
ヒトサマにえらそうなことをゆうのはニガテです。。
でもゆってしまったからにはそのセキニンをとらねばね!!
役者の矜持なんてものはいろいろあるだろうけど、
オノレの内面をほんとうに掘り下げて
それに真正面から向き合う。
そして、そこからキャラクタを探しを始める。
オレじゃない、誰か。
その作品に生きている誰かさんを。
常に探していられるか、
いつでも、この瞬間も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/02

まるむし816号。『前回タイトルがかぶっちゃったい。。』

さいきんは家の中でご飯を食べる虎まる。
外であげると若いノラやその子猫ピたちが
自分ももらえると思って来ちゃうもんで。
 
だいぶ体格が戻ってきたねえ。
Dsc_0161
 
 
夏くらいには、そうとう痩せてぼろぼろだったけどねえ。。
Dsc_0109
 
 
 
今回のリーディング、マリヴォーの「偽りの打ち明け話」では
デュボワという、そうとうに大きい役にチャレンジしています。
毎回の稽古で、ひぃーー、ヒーーー、ゆわされています。
それでも思った大切なこと。
焦ってなにか掴もうと思っても逆効果。
デッカイ壁だからこそ基本に忠実に。
一つ一つ確実にキャラクターを積み上げていく作業に集中。
分からないところ、ひっかっかったところには徹底的に向き合うことー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »